印刷会社ugo/ユーゴ 印刷に関する様々な問題を解決します

お問い合わせ

店舗集客のアイデアに!街中で見かけたさまざまな販促物

執筆者: 建部 格   2018/03/29

浜田さんのとある休日、ショッピングがてら、販促のヒントとなるアイデアを探すため、街を散策することにしました。

「今日はいつもに増して、風が冷たいな~。

こんなにも寒いんだったら、家を出る前に、防寒対策するべきだったな。手袋も忘れて、寒さで手が痛い。。。」

浜田さんは、そんなことを考えながら、自宅近くの駅から電車に乗って、街に繰り出そうとしていました。

意識していないと、意外と気づかないものですが、街には集客のアイデアとなる販促物がたくさんあります。どんなものが店舗集客の販促物となるのか、浜田さんと一緒に探してみましょう!

 

目次

  • 寒さをしのぐアイテムとの出会い
    • 使い捨てカイロ
    • エコカイロ
    • 季節の販促品
  • 透明袋入り案内
    • 旅行会社のツアーパンフレット
    • 透明袋入り案内
    • 配布スタッフなのかな
  • お食事
    • 店頭ののぼり
    • フロアマット
    • コード付きクーポン券
  • おわりに

 

寒さをしのぐアイテムとの出会い

おや?

早速集客アイテムを配っているお店を見つけたようです。

さて、浜田さんが出会ったアイデアとはどんなものでしょうか?

 

使い捨てカイロ

店舗集客のアイデア_1

朝のニュースで気温が低いことは知っていたので、浜田さんは自宅を出る前にしっかりと着込んだつもりでした。

「防寒はしっかりしてきたつもりだったけど、やっぱり寒いな。
おや? あそこの小売店、無料で使い捨てカイロを配っているぞ!
わたしももらおう~。」

そんな調子で、使い捨てカイロを手に取りました。すると使い捨てカイロの表面に、こんな工夫が施されていることに気がつきました。

「あっ!ちゃっかりと、お店の名前が印刷されたチラシが入ってる。とはいえこんなに寒い日に配っていたら受け取っちゃうよね。

受け取る人の気持ちや、シチュエーションがしっかりと考えられているんだな~ 

見習わなきゃ!」

早速良いアイデアを見つけたようです。こういった季節特有の販促物は、貰った側も嬉しいですよね!

 

エコカイロ

浜田さんは、使い捨てカイロを受け取ったとき、ふとこんなことを思い出しました。

「そういえば、以前ノベルティ製作会社の営業さんに、何度も繰り返し使えるエコカイロを提案されたっけ。冬の時期、環境へ関心が強い世代の方が集まりそうなイベントでは企業のイメージアップにもなるし、それもありだな。同じカイロでもいろいろなタイプがあるから、ターゲットに合わせて変えてみるのも、おもしろそうだな。」

浜田さん、使い捨てカイロからアイデアが広がったようですね。使い捨てカイロのように1回しか使えないアイテムではなくて、実はエコカイロと呼ばれる、何度も暖かくなるアイテムもあります。充電したりや電子レンジを利用することで何度でもあたためることができるため、カイロを使うたびに繰り返し伝えたいメッセージに気づいていただけますね。

 

季節の販促品

店舗集客のアイデア_2

浜田さんは、もらったカイロで手をあたためながら、季節の販促物について考えてみることにしました。

「冬の販促物は身体をあたためる、をキーワードに色々考えられそうだな。
例えば、手元をあたためるのにスマートフォン対応の手袋なんかもあるし、足元にブランケットなんて、今やOLさんのオフィス必須アイテム。」
「他にも、あたたかい飲みものが冷めにくい、真空断熱タンブラーなんかも選択肢に挙げられそうだぞ!」

 

透明袋入り案内

午前中のショッピングプランを堪能し、時間はあっという間にお昼過ぎになり、だんだんお腹がすいてきた浜田さん。そんなとき、素晴らしい販促物と出会います。一体何を見つけたのでしょうか?

 

旅行会社のツアーパンフレット

店舗集客のアイデア_3

普段、街中で配られるチラシにはあまり関心のない浜田さん。しかし、この時ばかりはとっさに目に入ったチラシを手に取りました!

「こ、これはずるい。。。

こんなにおなかが空いたタイミングに、あたたかくておいしそうな写真を使うだなんて。。。

あっ!そうか!!時期やタイミング、シチュエーションに合わせたデザインが人の興味や関心を引きよせる効果が高いということか。
いやいや、ただわたしが食いしん坊なだけだったりして~。」笑

と考えながら、思わず手に取ったチラシのビニールを開封してみることに。

 

透明袋入り案内

受け取った透明袋には、いろいろなサービスの案内が入っていました。

「うわー、すっごくたくさんの案内広告が入っている!
これだけの広告を、お店の人たちが内職をして作っているのかな…。
いや、そんなわけないか。普段の業務で忙しいのに、こんなことする暇ないよな。
そういえば、最近アウトソーシングサービスが増えていると、なにかで聞いたな。
主婦でもお小遣い稼ぎに内職してるって聞くしな。」

ふと気になり、スマートフォンで調べてみると、様々な業務を委託できるという情報が、たくさん出てきました。

自社の従業員が、本来行うべき業務に支障をきたすことなく、使えそうなアイデアだと感じたため、忘れないよう持ち帰ることにしたようですね。

 

配布スタッフなのかな

店舗集客のアイデア_4

浜田さんは、配布スタッフを見てあることに気がつきました。

「配っているスタッフはオリジナルのジャンパーを着ているけど、もしかするとこれも外部委託しているのかもしれないな。
今まで、店舗集客なんだから、そのお店のスタッフがやるべきだという固定観念に縛られていたけれど、その点についても検討の余地はありそうだ。

このアイデアがあれば、繁忙期であっても閑散期に向けた集客を行うこともできるわけか。」

「ぐ~~」考えていたら、おなかが空いていることを忘れていたみたいですね。笑さぁ今度こそ、おいしいランチを食べに出発!

 

お食事

お腹がペコペコの浜田さん。素敵なお店は見つけられたでしょうか?

店頭ののぼり

店舗集客のアイデア_5

「今日は何を食べようか…。おっ!なんかのぼりが出てるぞ。身体もあたたまりそうだし、これに決めた!!」

「そういえば、飲食店の並ぶ路地を目指して歩いてきたけれど、風になびいたり文字が大きくてわかりやすい『のぼりは、店頭販促物として優秀だな。
他の販促物と比べ、レイアウトもかんたんに済むし、インパクトもあって分かりやすいし。
季節毎付け替えるのも容易なことは設置側にもメリットがある。
のぼりは店頭に置くだけで集客ができ、場合によっては何百万と費用をかけても埋もれてしまうインターネット広告よりも費用対効果が高いのかも。」

浜田さんが思う通り、店頭のぼりは街中でも視認性が高く、イベント期間中などの適したタイミングで利用すれば、効果的に訴求できそうですね!

 

フロアマット

店舗集客のアイデア_6

食べるものも決まったので、さっそくお店の中に入る浜田さん。すると、入口のフロアマットにロゴが書かれていることに気がつきました。

「今まではあまり気にしたことなかったけれど、フロアマットにロゴや社名を入れたらブランディング効果があるかも。

お店の玄関はお客さんも絶対に通るところだから、お店の名前を覚えてもらいやすくなりそう。」

お客さんの立場になると、普段は気づけない自然と目がいく所に、ヒントがあることに気づけたようですね。

とっさにお店の名前を知らせたい、SNSでをシェアしたい時に、分からない!なんてことも少なくなるかもしれませんね。

コード付きクーポン券

店舗集客のアイデア_7

ご飯を食べ終わった浜田さんは、お会計を済ませることにしました。お会計を終えると、店員さんがレシートと一緒にクーポン券をくれました。

このクーポン券、よく見るとただの割引券ではなく、期間限定でプレゼントの応募ができるようです。
「いや~満足満足!おや、このクーポン券、サイトにアクセスして、記載されたユニークコードを入力すると対象商品を応募できるのか。かたちのある印刷物と、かたちのないインターネット。どちらか一方ではなく、組み合わせると相性が良い施策もありそうだな。」

浜田さんは、このお店の少し凝ったマーケティング施策を活かせないものかと考えながら、お店を後にしました。

 

おわりに

浜田さんのショッピングはまだまだ続くようですが、アイデアはたくさん収穫できたようですね!帰り道にふと、今日得たヒントについて考えてみます。「今日はいろんなアイデアに出会えたな~ でも待てよ、色んな販促物があるけど、いつもお願いしてるA社さんで全部頼めるのかな?あれはB社、いやC社さんにも相談してみないといけないのかな。。。」

ここまで読んでいただいたあなたにも、こんな経験はありませんか?

実は、株式会社ugo / ユーゴではこれらすべてのお手伝いができます! まずはお気軽にお問い合わせください。

法人様向けの印刷相談窓口はこちらへ

 

販促物・印刷物発注の効率化サービスはこちら

販促物・印刷物の発注システム  スプリント for Biz(スプリントフォービズ)

トピック: 販促物, 店舗集客, アイデア

 
スプリント for Biz
営業サポート
印刷ならスプリント

メルマガ登録(無料)

人気記事

最近の投稿

トピック

表示